メニュー

代表メッセージ

財団について

代表メッセージ

ごあいさつ

飼育放棄や捨てられた犬猫、あるいはブリーダー等からの放出、迷子になった犬猫の発生に起因する殺処分の撲滅を目指し、終生育成くださる里親様に大切な命を捧げる事。
一般財団法人ワンダフルは、2014年5月にその前身であるNPO法人を立ち上げて、主たる目的の動物保護活動を継続して実施しております。その活動内容は次の通りです。

1) 保護した犬を預かり飼育するシェアハウスの運営、保護猫を里親様に譲渡する保護猫カフェの運営
2) 年老いた犬や傷病犬など、飼い主が見つかりにくいがために各地方自治体の保健所で殺処分をされてしまう犬猫の保護並びに里親探し
3) 障害者の方々に就労を提供する就労継続支援B型事業部の運営

上記の活動を維持していくために、その運営資金を公募するシステムを採っております。保護し た犬をご支援いただくことを目的とし、ドッグスポンサーシップ制度を設け、月々1000円から寄付金を募ってシェアハウスに保護されている犬の飼育・医療費全 般に充当しております。ドッグスポンサーシップ制度にご賛同・ご加入の皆様方をはじめ、一般の方々もシェアハウスに設置したウェブカメラからの映像をスマートフォンやパソ コンを用いて24時間ご覧いただけます。

この動物保護活動と、障害者の方々に対する就労継続支援を関連づける取り組みも始めております。現代の社会においては様々な要因で通常の就労生活が困難な方々がおられます。身体に障害をお持ちの方々も含め、当法人内に就労場所を設け、または当法人のスタッフとして採用し、動物の世話をしていただくことで心のしこりをほぐし、社会復帰の足掛かりにしていただけるような就労の機会を提供しております。

先の東日本大震災における被災された方々に対するケアは、未だ充分とは言い難い状況です。
当法人では、被災地の拠点のある動物保護団体や個人で活躍されている動物保護者の方々と連携し、被災地救済の観点から置き去りにされたペットの放出や保護活動にも取り組んでおります。現在当シェアハウスには東北エリアから送られてきた犬が複数匹保護されており、同エリアの猫もすでに救済の対象となって受け入れ準備が整っております。今後も被災地と関わり続けることで、保護された動物の世話をするという就労が発生し、それが継続性のある就労支援にもつながっていくと考えます。

 

被災地支援のための自主製作品の提供にも携わりましたし、様々な就労の形態を模索中です。その先にあるのは“動物と人との共生と助け合い”そのもの、当法人が目指す不特定多数の利益の増進に寄与することに他なりません。

 

一般財団法人 ワンダブル
理事長 成戸 祐三

理念

*地球のみんなが幸せになれたら

2015年12月1日に、NPOワンダブル2度目の命はより一層の充実を目指し一般財団法人ワンダブルを設立いたしました。

全国からやって来るワンちゃん(飼い主のいない家なき子)をシェアハウスに保護し、専門のスタッフがケアをしながら第二の生きる道、すなわち「二度目の命」を探すお手伝い=新しい里親様との出会いの場を提供することが私達ワンダブルの使命です。

*人間の身勝手で安易に捨てられる尊い命

捨てられた犬猫たちは公的機関により、年間約13万匹が殺処分となる運命にあります。

この現実を少しでも緩和することを目標に取り組んでおります。

 

*動物の命に寄り添い、そして考える

シェアハウスでは平均して100頭前後のワンちゃんネコちゃんたちが新しい家族に出会うことを願いながらスタッフ一同心よりお待ちしております。