メニュー

ワンダブル・ハッピーキャット日誌

ブログ

ブログ

ワンダブル・ハッピーキャット日誌

カテゴリ: 日々の出来事 作成日:2019年05月11日(土)

 

こんにちは!今回もワンダブル・ハッピーキャットのご紹介をしてまいりたいと思います(^^♪

今回は、改元後初の更新!令和一発目のブログ更新です(^_-)-☆

平成も終わってしまいましたね・・・皆様は平成最後の日はどのように過ごされましたか?

ちなみに私は、いつも通りワンコ達のお世話をして、一緒に平成の最後をワンコ達と迎えました(*^-^*)

 

新しい令和の時代も、ワンダブル・ハッピーキャットを宜しくお願い致します(^^♪

 

 

さて、初回・前回と、ワンコやりんご猫をメインにご紹介してまいりましたが、今回はハッピーキャットのニャンコ達をメインにご紹介していきたいと思います(^^)/

 

 

ハッピーキャットは、正式名称″保護ネコカフェ ハッピーキャット″といい、和歌山県で最大規模を誇る保護ネコカフェとして、2016年7月20日にぶらくり丁のアーケード内(番茶屋様となり赤い看板が目印!)にオープンいたしました!

1557551982562.jpg

 

和歌山県の猫の殺処分数は、ここ数年減少傾向にはあるのですが、その数は全国的に見ると、まだまだ高い水準にあるのが現実です。

和歌山県も平成28年度からようやく″不幸な猫をなくすプロジェクト″事業がスタートし、徐々に地域猫(さくら猫)という名前が知れ渡ってきました。

 

ハッピーキャットでは、同じく迷子や無責任な飼い主やブリーダーから飼育放棄された猫達を保護し、猫カフェでお客様やスタッフからの愛情を受け、人慣れをしていきながら新しい里親様へと繋ぐ活動をしています。

 

 

 

 

1557554679525.jpg

 

1557554687532.jpg

 

約2年前の春に当施設で受け入れをしたレオ君(アメリカンショートヘア・推定5~7歳)です。

飼い主様のご家族が猫アレルギーを発症してしまい、このまま飼い続けるのが困難との事で、受け入れをしました。

受け入れをしてから約1週間ほどはご飯もほとんど食べず、毎日お外を眺めて飼主様がお迎えに来てくれるのではないかと、寂しい目をしていました。

スタッフが手を差し伸べてもシャーシャー怒る日々でした。。。

 

そして、ようやく慣れて来てから数か月後にはカフェデビューをし、お客様とも触れ合う時間が増え、今ではお客様のお膝の上が大好きなスリゴロニャンコになりました(^_-)-☆

 

1557569373226.jpg

 

IMG_20190511_182527.jpg

今ではカフェの仲間たちと一緒にもらう、お客様からのチュールが大好きです(^^♪

 

 

 

 

このように、当施設で保護をしている猫達は辛い過去を持った子達が多いので、譲渡の条件は少し厳しくなっていますが、アンケートにご記入後スタッフと面談をして頂いてから、お試し期間(トライアル期間2週間)がスタートします。

トライアル期間中にお家の中でご家族様と猫ちゃんとの相性を見て頂き、これからも家族として迎えて頂けそうであれば、正式な譲渡手続きが開始されます。

 

現在では、2016年のオープンから100頭近い猫達がハッピーキャットを卒業し、新しいご家族のもとへと巣立っていきました(^^♪

 

里親様からは、元ハピキャっ子の幸せそうなお写真がほぼ毎日のように届きます(^^♪ 今までの過去が無かったかのように幸せそうに写真に納まっているニャン達の姿を見ると、スタッフ達も感無量で、日々の大変なことも忘れてしまうほどです( *´艸`)

 

 

 

少しご紹介させて頂きますね(^^♪

 

 

1557565166536.jpg

ヘソ天でくつろいで、すっかりお家が大好きになったビィー君(^^♪

 

1557565298085.jpg

お家での日向ぼっこでグッスリ眠っている、なっちゃん(^^♪

 

1557569376382.jpg

 

1557569370622.jpg

先住猫さんにも馴染んで、すっかり家族の一員となったジジちゃんトトちゃん兄弟(^^♪

 

1557565074103.jpg

初めて家族にお誕生日をお祝いしてもらい、初めてのケーキを独り占めしている、紅君(^^♪

 

 

嬉しいお知らせ、本当にスタッフの励みになっています( *´艸`) ありがとうございます(^_-)-☆

 

レオ君も、もう一度家族の温かみに触れさせてあげたいです。。レオ君を家族にと考えて下さる方は、ぜひハッピーキャットへとお越しくださいませ!

 

 

 

 

 

そしてこの季節は、たくさんの子猫が生れてくる季節です。

5月に入ってからも、ハッピーキャットにはすでに数十件の子猫の保護受け入れの問い合わせがあり、毎日のように電話が鳴っています。

 

今月に入ってからも数匹の子猫の受け入れをいたしました。

 

IMG_20190511_192809.jpg

 

IMG_20190511_192743.jpg

 

IMG_20190511_192846.jpg

 

こちらは母猫と子猫5匹、家族で受け入れをした子達です。

子猫たちはお母さんのご飯も盗み食いしはじめてきました(^^;)

 

 

 

 

これから子猫の受け入れが多くなってきます。

ですが、ハッピーキャットでは、スタッフが責任を持ってお世話ができる適正な頭数を維持するため、受け入れができる頭数にも限度があります。

これはどこの団体様でもそうだと思うのですが、多頭崩壊をしてしまっては元も子もありません。

その為、保護主様からお受けした猫達は、知識・経験豊富なスタッフが責任を持って、新しいお家でも幸せに暮らせるよう、愛情いっぱいでお世話をさせて頂いております。

 

 

この時期になると、雨も多くなってきます。

母猫は雨が降り始める前に、子猫を雨から避けるために引越しをします。何頭も子供を抱えているお母さんは一度に全員を連れて行けないので、一旦中継地点に子猫を集めてそこからまた別の場所へと移動します。

ちょうど子猫だけがいる所に誰かが見つけて下さって、草陰に子猫が一匹でいると連絡を下さる事があります。

その時、周りに母猫らしき猫はいませんか?

 

すぐにどうにかしてあげないと!という気持ちもあるのですが、実は見守る優しさも必要な場合があるのです。

子猫が日陰にいる場合は、一度数時間ほど見守ってあげていただけませんか?

直射日光に当たってしまっている場合は、箱などで影を作ってあげてください。危険な場所にいる場合は、直接手で触れずに(人間のにおいが付いてしまうので)葉っぱ等でくるんで近くの安全なところに移動させて見守ってみてください。

 

 

 

冒頭でもお話ししましたが、今、和歌山市では不幸な猫をなくすために地域猫対策の認定制度が設けられています。

この認定により、和歌山県から不妊去勢手術の費用の助成を受けることができます。

和歌山市保健所でも相談の受付をして下さっています。ハッピーキャットにも地域猫対策に関する知識豊富なスタッフがおりますので、ご相談ください。

(お電話でのお問い合わせは、お店の混雑状況によりお受けできかねる場合がございます。ご来店の上、ご相談くださいませ)

 

 

 

 

 

 

 

さて、今回は、いつもと違い少し重い内容になってしまいましたが、ハッピーキャットのニャンコたちは今日も元気にすごしております(^_-)-☆

 

明日はハッピーキャットがある、ぶらくり丁の恒例イベント毎月第二日曜日に開催されるポポロハスマーケットの日です( *´艸`)

美味しそうな食べ物の屋台や、可愛い雑貨のお店がたくさん出店します(^^♪

たくさんのお客様が来られてワイワイと楽しい一日となります( *´艸`)

ぜひポポロハスマーケットへお越しくださいませ(^^♪ そしてワンダブル・ハッピーキャットへのご来店もお忘れなく!(笑)

可愛いワンコ・ニャンコ、とスタッフが(笑)お待ちしております(^^♪

 

 

 

1557573684461.jpg

 

常連様にはお馴染みの脱走犯(笑)ハチワレニャンコのルー君も、カフェの入り口ドアが開くのを心待ちにしていまーす( *´艸`)(笑)